万能の健康食材ノニをがん予防食事に取り入れよう

がん予防食事でおすすめのフルーツ

がんは日本人の死亡原因の第一位となっており、さまざまな種類があります。日本でも治療が難しく、再発することも多い病気と知っている人も多いでしょう。そのためさまざまな方法で予防を試してきたという人もいるかもしれません。

がんは体のあらゆる部位にできてしまいますし、気付かないうちに進行してしまうことも大きな特徴です。特効薬などはないので治療が難しいと言われていますが、きちんと治療を行うことでがんの発生を抑制したり、進行を抑えることはできるのです。

がんの予防をしたいという場合、がん予防食事について知っておくのがおすすめです。がん予防食事で必要な栄養素をしっかり補うことにより、自然治癒力を高めることができるのです。また、抗酸化作用や免疫力を高めるという方法などもあります。がん予防食事ではノニというフルーツを食べることがポイントです。

こちらは奇跡のフルーツと呼ばれており、150種類以上の栄養素を含むと言われています。さまざまな効能があることが分かっており、特に抗酸化作用や自然治癒力を高める効能が注目されています。

これらの作用ががんの抑制に高い効果を発揮してくれるでしょう。健康を維持してくれるフルーツなので積極的に摂取するのがおすすめです。

がん予防食事で活性酸素を抑制する

人間の体は約60兆の細胞によって作られています。細胞の中にはDNAがありますが、これが破壊されることで人間の体にさまざまな悪影響が発生してしまいます。そのためDNAをしっかり守ることが大切なのです。

活性酸素は人間の体内で作られ、抗菌作用などを持っています。生きていく上で欠かせない物質なのですが、活性酸素が作られ過ぎると逆に細胞を傷つけてしまいますし、体に悪影響を及ぼしてしまうので注意しましょう。DNAの損傷が皮膚のたるみやシワなどに繋がってしまいますし、がんが発生しやすくなると言われています。

ノニには非常に高い抗酸化作用があるため、損傷を抑制することができます。抗酸化作用とは物質が酸化するのを防ぐ作用であり、がん予防食事においては重要なポイントです。また、ノニにはSOD酵素というものが含まれています。摂取することで老化を防ぐことはもちろん、がん細胞の発生も抑えることができるのです。

活性酸素は老化を引き起こすだけでなく、がんの原因にもなります。もともと必要なものですが、増えすぎると良いことはありません。普通に生活しているだけでも発生してしまうため、がん予防食事で発生を抑制することが大切です。

参考サイトはこちら⇒ 【※管理栄養士が教える】がん予防・癌再発予防のための食事と食生活